コンサルタント企業での面接の具体例

新卒の採用面接で多いのが、待合室で待っている状態から面接官が中で待っている面接室に入室して行われる面接の形式です。

面接で大切な入室から着席までの動作

コンサルタント企業での面接の具体例 新卒の採用面接で多いのが、待合室で待っている状態から面接官が中で待っている面接室に入室して行われる面接の形式です。この形式の場合には、入室してから着席するまでの一連の流れで第一印象が決まってしまう場合が少なくありません。そのため、事前に入室時から着席するまでの基本的なマナーをしっかりと身に付ける準備をしておくことがおすすめです。ポイントとしては一つ一つの動作や挨拶などにメリハリをつけることです。逆に印象が悪くなるのが、色々な動作や発言を一緒にやってしまう「ながら動作」です。例えば挨拶をしながら礼をしたり、室内に入りながら「失礼します」と言ったりすることです。これらの「ながら動作」は見ている相手にダラダラとしたしまりのない印象を与えてしまいます。

必ずそれぞれの動作から動作に移る際には一呼吸を置くことが大切です。そうするだけでキビキビとして落ち着いた行動をとる人という印象を持ってもらうことができます。具体的には挨拶をする時には、「先言語礼」と言われるように、まず言葉を発してからお辞儀をするようにすることが大切です。お辞儀しながら挨拶をすると声が下に向かってしまうのでこもって聞えてしまいます。良い印象を持ってもらうためにもメリハリの入室から着席までの動作をしっかりと身に付けておきましょう。

おすすめ情報