コンサルタント企業での面接の具体例

就職試験で最も人間性が問われる重要な試験は面接です。

就職試験で重要なのは面接

コンサルタント企業での面接の具体例 就職試験で最も人間性が問われる重要な試験は面接です。どんなに筆記試験が高得点であってもそれだけで採用が見込めるほど世間は甘くありません。ある程度の点数を獲得して1次面接に進むことができれば十分です。1次面接ではとにかくインパクトを重視することが重要です。試験対策本に掲載されているような受け答えに終始するようでは採用は見込めません。素のままの自分をさらけ出すだけでもいけません。正直であれば良いというわけではありません。多少は背伸びして自分をより良く表現することを考えるべきです。その上で好感を与えられたら1次面接はパスするでしょう。

2次面接や役員による最終面接になるほど精神的には重くなりますが、面接自体は楽になっていきます。それはライバルが減ることもありますが、ある程度自分を評価してくれているという自信が芽生えるからです。もちろん、2次面接でも役員最終面接に置いても好感が持てるインパクトを与えることを心掛けるべきです。一番してはいけないことは、ウソやでまかせを言うことです。わからないことはわからないと言える勇気を持つことが必要です。しかし、ただ単にわからないと言うだけでは芸がありませんし、つまらない人物と思われてもいけません。その質問については自分の理解が足りないことを認めつつ、その代わり別のもっと魅力的なことをあっけらかんと表現する図々しさがあればマイナスをプラスに変えることが可能になります。

おすすめ情報