コンサルタント企業での面接の具体例

面接の時に自分を良く見せようと背伸びしたりカッコウをつけようとすると緊張してしまい、逆にマイナスの印象を与えてしまいます。

面接で自分を素直に出すと緊張しない

コンサルタント企業での面接の具体例 面接の時に自分を良く見せようと背伸びしたりカッコウをつけようとすると緊張してしまい、逆にマイナスの印象を与えてしまいます。自分を素直に出すことを心掛けると緊張がほぐれて相手に良い印象を与えます。自分に自信を持つことも大事です。背伸びをするのは自分に自信がない証拠ですが、根拠のない自信を持つことで堂々と振る舞うことができます。言葉の受け答えはある程度の常識が必要になりますが、表現方法も含めて自分自身だということを理解してもらえるように自信を持った受け答えをすると良い結果になるのではないでしょうか。

一番面接官が嫌うのは、マニュアル通りの受け答えです。面接攻略本などを読んで型にはまった答えを聞くだけで不採用にしたくなるようです。質問に対して的外れな答えをすることはマイナスですが、それでも攻略マニュアル通りの受け答えに比べればまだマシです。マニュアル通りに答えようとするから緊張するとも言えます。自分の考えを素直に堂々と答えるだけで十分です。答える内容よりも話し方や声のトーンや受け答えのスピード感などを重視する方が面接では上手くいくでしょう。気を付けるもう一つのポイントはクセです。手を口にあてるクセ、頭に手をやるクセ、足を動かすクセなど面接官から見えるクセがあるとそれだけで評価は下がります。十分に気を付けるべきでしょう。

おすすめ情報