コンサルタント企業での面接の具体例

新卒の学生などは、就職などが厳しい時代と言われているので面接なども何社も受けることになります。

面接の練習は自分自身を撮影してみるのがおすすめ

コンサルタント企業での面接の具体例 新卒の学生などは、就職などが厳しい時代と言われているので面接なども何社も受けることになります。ですがやはり早く内定をもらうためにも、しっかりと面接対策を行って挑む学生が多くなります。面接の際に想定される質問内容に対して回答などをしっかり練習したり、スムーズに自己PRができるように練習も行います。また見た目などをしっかりと服装や髪形に化粧などにも気をつけて万全の態勢を整えて挑みます。ですが自分自身では完璧に準備をして面接に挑んでいると思っていても、意外と自分では気がつかない部分がある可能性があります。

そのため模擬面接として自分の面接をしている姿を撮影しながら、面接のシュミレーションを行うと良いです。入室から退室までの流れを練習し、面接している姿をスマホなどで撮影しておくと良いです。終了後に改めて自分でみてみることで、面接官側から自分がどのように見えているのか知ることができます。その姿をみることで姿勢を正しているつもりでも、徐々に猫背になっていたり話し方なども気になる部分がでてくること多いです。そのため第三者の目線で自分を改めてみることで、面接対策をよりよく進めることが可能となります。一度でも良いのでシュミレーションとして自分を撮影してみるのがおすすめです。