コンサルタント企業での面接の具体例

自分で計算をして面接会場に向かっていたのに、思わぬアクシデントに巻き込まれて、遅刻をしてしまうかもしれないと言う場合もあるでしょう。

面接に遅刻してしまう場合について

コンサルタント企業での面接の具体例 自分で計算をして面接会場に向かっていたのに、思わぬアクシデントに巻き込まれて、遅刻をしてしまうかもしれないと言う場合もあるでしょう。このような場合は面接をして貰う事を諦めるのではなく、一度企業や面接担当の方に電話をしてみるようにしましょう。遅刻をしてしまうと面接をして貰う事ができないかもしれないと考えてしまい、なにも連絡をしないで、面接に行かないと言う選択をしてしまう方もいます。面接官の方が忙しい中準備をしてくれているのに、連絡なしで面接に行かないと言うのは、非常に失礼な行動になってしまうので、連絡をしないと言う事は無いようにしましょう。

遅れてしまう可能性があるとしっかりと電話などで伝える事によって、対応をして貰う事ができる場合もあります。また連絡を入れる際は、自分が原因なのかそうではないのかをしっかりと伝える事が重要になります。自分が原因の場合は少し評価を下げてしまう事になりますが、自分が原因では無い場合は評価が下がってしまう事もありませんし、到着するまで面接官の方が待っていてくれる事もあります。公共交通機関の遅れの場合は証明になる物を貰う事によって、自分が原因では無いと言う事を信用してもらえます。電話をして後日に変更すると言われた場合は指示に従うようにしましょう。